御形神社1250年祭記念事業にかかるご奉賛のお願い

 当社は来る平成34年(2022)、御遷座1250年を迎えることとなり、改築改修、境内整備等に伴う記念事業を進めています。

 これらの事業の完遂には多額の費用が見込まれます。現在、御形神社の氏子約900戸が力を合わせ、奉賛金を積み立てる努力を続けています。しかし、少子高齢化に伴う氏子数の減少などによりその実現は大変厳しく長い道程が予想されます。 つきましては、御神縁に結ばれました皆様方に、本事業の趣旨ならびに諸事情をお察しいただき、格別の御奉賛をお願い申し上げます。

 なお、御奉賛にあたりましては、直接当社までご連絡いただければ幸いに存じます。

 末筆ながら皆様の益々の御清栄をお祈り申し上げます。

 

御形神社 責任役員一同

御形神社宮司 進藤千秋

 

 

記念事業の概要

・本殿周りの塀の修理

・百人一首の絵馬の修復

・瑞垣内への進入路の新設

・お水洗しの覆屋の改築

・授与所の新築

・その他付帯事業など

 

・総事業費 5000万円

 

・今後の主な予定

【平成30年〜31年】

 百人一首絵馬の修復・瑞垣内への進入路新設・授与所の新築

【平成32年〜33年】

 本殿周りの塀の修理・お御手洗の覆屋の改築・その他付帯事業